ODAセキュリティポリシー
株式会社オー・ディー・エーは、個人情報保護にあたり
不正アクセス、情報漏洩等の脅威に対するセキュリティの向上に努め
法令・規範等の順守を徹底し、適正な情報管理に努めます。
1.適正な情報管理の実施
個人情報保護関連法等の法令、各省庁及び業界ガイドライン等の規範を 順守・尊重し、情報の保管・開示について適時・適切に行います。
2.情報セキュリティ向上の取り組み
  • 保有する情報の保護に努めるため、また、開示すべき情報の
    適正な取り扱いのため、各情報に関する
    社内規定類を整備し順守します。さらに、管理体制を確立し
    規程に則した運用を行い、実行性を監査・検証します。
  • 情報を適切に取り扱うための全従業員に対する教育を
    継続的に実施するとともに人的管理を行います。
  • 情報の正確性および安全性を確保するために、不正アクセス
    紛失、破壊、改ざんおよび漏洩等のリスクに対し
    必要な対策を講じます。
  • 情報の取り扱いを外部に委託する場合は、
    十分なる審査により委託先を決定し、
    定期的な報告等により確認を行ない、委託先からの漏洩を防ぎます。
  • 上記の取り扱いについては、法制度や社会情勢、
    監査結果等に応じて、継続的に見直し、改善に努めます。
平成19年3月1日
株式会社オー・ディー・エー
代表取締役社長 小田 健正